Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

お休みの間に編んだもの その2 かぎ針編みのとんがり帽子

こんにちは、とも です。

 

 

前回に引き続き、お休みの間に編んだものをまとめています。1つ目は 「かぎ針編みのスクエア型ひざ掛け」でした。

 

www.amimono-seikatsu.com

 

 

 

2つ目は、

 

 

 かぎ針編みのとんがり帽子

 

f:id:amimono-seikatsu:20180109181636j:plain

この帽子は、イオンの中に入っているパンドラハウスに見本が置いてあり、かわいいなぁと思って糸だけは前に買ってあったものです。冬に帽子は欠かせません。耳が冷たいのは、がまんできなくてね。ついつい編んでしまいます。

 

 

編み方はいたってシンプル。ずーっと中長編みの引上げ編みです。途中までは裏引上げ編み、上のほう模様のように見えるところは表引上げ編みです。

 

 

引上げ編みはこんな風に編んでいきます。

参考にした動画はこちらですが、長編みを中長編みに変えて実際は編んでいます。

 

www.amuuse.jp

 

www.amuuse.jp

 

 

長編みと比べると、下の段からの目の拾い方が違うんですね~前の段の目の頭を拾うより重なり部分が増えるので、編地が厚くなります。そして・・・これを中長編みですると、進み具合は細編みを編んでるよう。コツコツと地道に編みましたよ。

 

 

 

 

 出来上がりを裏から見るとこんな感じ

f:id:amimono-seikatsu:20180109181835j:plain

 

裏引き上げ編みをしているところは、鎖編みが続いているような模様が並び、おもしろいです。棒針で編んだメリヤス編みにも見えます。

 

 

ここで私がやってしまった間違いポイントを記録しておきます。

 

ぐるぐると編んでいるとき、拾い忘れしてしまうところが2か所ありました。まずは、目数を増やしたところの次の目。増やしたところの隣の目も当然編まないといけないのですが、なぜか飛ばしてしまいました。もう1つが一周回ってきて最後の目。ここは段のはじめの立ち上がりの鎖編目と近すぎて拾い忘れます。

 

では、どうすればよいか…

 

何度も間違え、また間違えたところを探しているうちに気が付きました。裏から見れば、表から確認するよりずっと分かりやすいのです。たまに裏側を見て確認すると、飛ばしてしまったところに気が付きます。心配になったら、裏を見て確認!そうすることで、次回からもスムーズに編めそうです。 

 

 

今回、毛糸は5玉(約200g弱)使いました。帽子としては最重量クラスです。「暖かそうだけど、ちょっと重い」そんな暖かさ重視な帽子が出来上がりました。今週末はまたまた寒波が来るようなので、さっそく使えそうです。

 

 

使った糸はこちらの黒です。編み図はお店の方にいただきました。

[rakuten:pandorahouse:10002411:detail]