Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

2018年春、2冊目は「ヨーロッパの手編み」

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

先日の「毛糸だま」に続いて、2冊目は「ヨーロッパの手編み」を購入。

こちらの表紙はアースカラーです。

 

 

 今号の「ヨーロッパの手編み」は春夏号なので、春先から着たいカーディガンから真夏にも着られるノースリーブのブラウスまで幅広く載っています。途中、七分袖もありましたが、仙台だと長袖にアレンジたほうが良さそう。

「毛糸だま」と同じく、こちらにも鮮やかなイエローのカーディガンがありました。やっぱりイエロー、と気になりますね。

 この「ヨーロッパの手編み」はすべてパピーの糸が使われています。

私が見たパピーの糸の印象は、第一にカラフル、発色がいいので編んでいるときのテンションも上がります。そして質がいい!確かにちょっとお高めだけど、丈夫で編んでからも、だれたりしないので大切に編んで長く着ています。

最近はウェアだと「ピマデニム」がお気に入り。デニムっぽい色合いで、いかにも手編みって言う感じではなく、普段にさらっと着られます。今回の「ヨーロッパの手編み」では、カーディガンに使われていました。

似た糸では、「ピマデニム」のベーシックカラーバージョンに「ピマベーシック」があります。本の中では七分袖丈のセーターが載っていましたが、ーTシャツ感覚で着まわしたいーと紹介されていました。コットン100%の糸ですからね。それくらいラフに着てもいいのかなと思います。

そして毎回編んでいるのが、「リーフィー」を使ったバッグ!今回は口金使いのクラッチバッグです。素敵!今回も編みます。口金の幅は23㎝、ここまで大きいサイズの口金は初めてなので、キチンとつけられるかちょっと心配。大丈夫かな? 

 

今号も色々編みたいものが載っている「ヨーロッパの手編み」でした。

そうそう、バッグのページに1枚正誤表が入っていました。これから購入される方、一応確認してくださいね。お知らせまで。