Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

「ヨーロッパの手編み」より、リーフィーのベレー帽を編みました。

こんにちは、KnitBRANCHのtomoです。

 

 

購入した「ヨーロッパの手編み」から、さっそくベレー帽を編んでみました。この帽子、リーフィー1玉とピマデニム1玉(実際は15gでOK )で編めるのです。色違いですが、手持ちの糸があったので、早速編み始めました。

 

完成写真はこちら

ベレー帽「ヨーロッパの手編み」より

f:id:amimono-seikatsu:20180212115617j:plain

 

本の中では、モデルさんがかぶっていて、夏の装いにぴったりな感じ。本体部分は濃紺で編んでありました。手持ちの糸はすみ色に近いので、少し濃く出来上がっています。

 

以下本文からの引用です

通気性抜群のサマーベレー。ベースは細編みのすじ編み、かぶり口は素材を替えてコットンヤーンの2本どりです。トップのチョボがアクセント。

 

確かに細編みではなくすじ編みにしてあることですき間ができ、風の通りもよさそうです。リーフィーの帽子は軽いところはいいのですが、何となく軽すぎてふわふわな印象も…このベレー帽はかぶり口がピマデニムなので、かぶった時の落ち着きもよくなっています。

 

リーフィーもピマデニムも糸が残るので、コサージュを編んでバッグにつけて、一緒に楽しむこともできそうです。

 

 

使用した糸の記録

f:id:amimono-seikatsu:20180212115623j:plain
f:id:amimono-seikatsu:20180212115620j:plain

 

本はこちら