Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

羊毛 ロムニーを染めてきました。春は黄色、きれいに染まりましたよ。

こんにちは、Knit BRANCHです。

 いつもお世話になっている「原毛屋ヒツジゴト」さんにおじゃましてきました。コサージュ用に染めた原毛をもとめにうかがったのですが…
「今、染めてみませんか?」
と声をかけていただき、“染め”を体験してきました。

今年の春は黄色の小物が作りたかったので、鮮やかな黄色を中心にブルーを混ぜ、混ざったところはグリーンになりと、とっても素敵な仕上がりになりました。

次回からは自宅でもできるように、手順をまとめておきます。 

原毛の染め方

原毛を鍋に入れる 

f:id:amimono-seikatsu:20180218214716j:plain
お鍋には原毛が入っています。今回はロムニーでした。手前2つは染料を溶かすための容器です。

 染料をお湯に溶かす

f:id:amimono-seikatsu:20180218214719j:plain
イエローは多めに使いました、ブルーはもっと少なくてよかったみたい。色によって出方の濃い薄いがあるようで、こういうところは慣れが必要ですね。溶かした染料にはお酢を入れています。

 溶かした染料をしみこませる

f:id:amimono-seikatsu:20180218214722j:plain
溶かした染料を少しずつ原毛にかけ、しみこませていきます。はじめにイエロー、次にブルーを入れました。混ざった境目のところはグリーンになっています。

 加熱する

鍋を火にかけ、加熱していきます。染まるにつれて、まわりの水の色が薄くなっていきます。染まったら火を止め、冷まします。

 軽くすすぎ、脱水

f:id:amimono-seikatsu:20180218214725j:plain
しっかり色が入ったので、軽く脱水。この状態で、自宅に持ち帰りました。  

 乾かして完成

f:id:amimono-seikatsu:20180217222309j:plain
広げて乾かしています。黄色に染まっているところはもちろん、混ざり合ったグリーンのところ、きれいですよね。 

 染めてみた感想

思っていたより手軽にできた染め。どんな色に染めたいかイメージはあっても、その色に染められるかは経験がまだまだ必要。これを紡いで糸にできたら、さらにおもしろそうですが、そこまで手を出したら編む時間がなくなってしまいますね。

ヒツジゴトさん、今回もありがとうございました! 

原毛屋ヒツジゴト

 

関連記事:ねこハウスを作ることに挑戦!

ブログトップへ