Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

靴下、編みました。サイズはピッタリ、なかなかいい感じ。

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

先日に引き続き、靴下を編みました。

今回は実際にはけるように、サイズぴったりを目指して編んでいます。試行錯誤しながら、片方編めましたので、載せますね。

 

前回から改良したのは、

  • はき口から別くさりではじめ
  • かかとの引返しをていねいに、特に引返しが終わり円に戻るところを改良しました
  • つま先のところは端で減らすようにして
  • メリヤスはぎの最後のとじ方を改良
  • はき口は一目ゴム編みにして、途中で色を変えポイントに
  • 最後はゴム編止めで仕上げました

 

相変わらず、自分にしかわからないようなメモ書きですが、いい感じに改良されてきています。最終的に納得できるものができてから、詳細を紹介しますね。

 

まだまだ直していきたいのは、

  • かかとは擦れやすいので、もう1本引きそろえて
  • かかとの角度の改良
  • 模様を入れるか迷っていて
  • ゴム編も二目ゴム編にしたらどうかな

など、試したいことがいっぱいです。

 

羊毛の靴下は、どうしてもすべるので、ソファーに座っているときに足元が冷えるとか足先が冷えて眠れないという時にはいて、ほっこり快適にを目指しています。

 

 

 

上から見ると

f:id:amimono-seikatsu:20180222091959j:plain

 

 

かかとで折り返すと

f:id:amimono-seikatsu:20180222091956j:plain

 

 

横から見れば

f:id:amimono-seikatsu:20180222092002j:plain

 

基本のものが一つ編めれば、自分サイズに編んだり、こだわりの素材で編んだり、思い思いの楽しみ方ができるようになると思います。編み物はするけど、靴下はまだという方、ぜひ編んでみてくださいね。