Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

フランス式裏編みの編み方はここに注目、糸と針の角度が決めてでした!

棒針編みの表編の編み方
棒針編みの裏編の編み方

 

 

こんにちは、Knit BRANCHです。

皆さんは棒針編みをするとき、糸はどちらにかけていますか?私は、メインはフランス式(左手)、たまにアメリカ式(右手)です。

フランス式は早く編めるところがいいですね。アメリカ式はきっちりとそろった目になりやすいです。両方の編み方ができるメリットは、編み込みの帽子を編むときでしょうか?2色の糸を左右にかけて編むと、からまらずスムーズに進みます。

今回は、フランス式でつまずきがちな裏編みの編み方を紹介します。

私も初めはうまく編めませんでした。左手はつりそうになるし、編み目がそろわないもどかしさ、よーくわかります。でも、フランス式は早く編めるところがいいところ。できればフランス式のまま、今より楽に編みたいなというときに参考にしてください。 

フランス式で編む裏編みのやさしい編み方  

 

 

 

裏編みをするときに確認したい2つのポイント。

注目ポイントその1:糸の張り

左手の糸はしっかり張りましょう!右の針で糸を引き出してくるときに糸はピンと張っていますか?

どうしてもゆるんでしまう時には左手の糸のかけ方を確認します。かけ方はかぎ針編みの時と同じです。ゆるむときには、左手の小指に糸を1回巻くようにするとゆるみが抑えられます。

左手の糸のかけ方はこちら

www.amimono-seikatsu.com

 

注目ポイントその2:針と糸の角度

針と糸の角度を深くしましょう!針と糸がつながるような位置にあると糸は針から滑り落ちてしまいます。

棒針編みの裏編の編み方

まずは表編みです。赤の矢印が右手に握っている針の向き、黄色の矢印が左手にかかっている糸です。深く角度が付いているので、糸は右手の針から外れることなく前の段の目を通すことができます。

 

 

 

では、裏編みの時はどうでしょう?

裏編みを編むときは、糸は手前にきています。右手に握っている針とかけている糸に角度はついていますか?確認してみてください。どうしても右手の針と平行に近い方向に寄ってしまいがち。そうなると、糸は針から外れやすくなってしまいます。

 

 

 

どうしたらうまくいくのかな?

f:id:amimono-seikatsu:20180414185715j:plain

右手の針で糸をかけた後、左手を手前に倒しながら右手の針を押し出すように糸を通します。この時、人差し指だけ下げてしまうと、戻した時に糸がゆるみやすくなります。左手の向きを変えるようにしましょう。

左手は手の甲がこちらを向き、人差し指の爪が見えるようになります。左手を倒すことにより、針と糸に角度が付き表編みと同じように目を通しやすくなります。

写真を並べてみるとこんな感じです。

棒針編みの表編の編み方
棒針編みの裏編の編み方

左側が表編み、右側が裏編み、どちらも糸を通すところです。裏編みの時は、左手をぱたんと手前に倒しています。

 

 

 

まとめ

  • 左手の糸はゆるまないようにしましょう。
  • 針と糸に角度を深くつけて、針から糸が落ちないようにしましょう。

針と糸の角度に気を付けて編むようになってから、目がそろいやすくなり長く編んでも疲れにくくなりました。まだ編み物を始めたばかりで、裏編みで挫折しそうな方、ぜひ試してみてくださいね。

注:編み目が変わってしまうので、編んでいる途中の方は、編みあがってからお試しください。

  

使用した写真は靴下を編んでいるところです。addiの輪針80㎝を使用しています。addiの針は糸割れしにくく、針が長めで握りやすい。マジックループで編むときもコードをさばきやすいです。針の長さや太さも色々選べます。

 

ソックロケッツはコードがナイロンでできています。針先が細めなので好みによってはこちらの方が編みやすいかも 。

 

棒針編みでつまずきやすい、フランス式で編む裏編みの編み方の紹介でした。

それでは、また