Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

「くるくるボンボン」使ってみました。残ったリーフィーの糸がかわいいボンボンになりました。

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

 

 

バッグを編んだ時に残ったリーフィーの糸。3色合わせて20g。ちょっと中途半端な量ですよね。このままにしておくのも、もったいないので、「くるくるボンボン」でバッグの飾りを作りました。

 

工程を記録しておきます。厚紙に巻いてもできるボンボンですが、ハマナカの「くるくるボンボン」を使ったら、とっても楽にできました。

 

ボンボンを作る

くるくるボンボンはこちら。4サイズがセットになっています。
裏面に説明書きがあるけれど、ひもで結ぶところが書いていなかったりするダイジェスト版。中に説明書がありますから、そちらも確認しましょうね。

f:id:amimono-seikatsu:20180603084832j:plain
f:id:amimono-seikatsu:20180603084837j:plain

 

作り方 

糸を巻く

本体を2枚合わせて持ち、糸を巻いていきます。中心を結ぶことができるよう、2枚合わせてもすき間があります。ちょっと不安定ですが、それでOK !

f:id:amimono-seikatsu:20180603084848j:plain


左右に行ったり来たりしながら、巻いていきます。どちら向きに巻いても大丈夫。ぎっちり巻いていきます。いっぱいになるまで巻いたら、糸をカット。今回はセロテープで端を止めました。もう片方も同様に、巻いておきます。

f:id:amimono-seikatsu:20180603084844j:plain

 

円形になるようつなぐ

本体を輪にして、ロックします。白の矢印のところ、はずれないように。

f:id:amimono-seikatsu:20180603084951j:plain


 

サイドをカット

サイドの部分をハサミでカットします。バラバラにはならないので、ご心配なく。

f:id:amimono-seikatsu:20180603084954j:plain

 

カットすると、こんな風に本体が見えます。

f:id:amimono-seikatsu:20180603084957j:plain

中心をひもで結ぶ

すき間を利用して、中心をひもで止めます。タコ糸など丈夫な糸がいいですね。
今回は結んだ糸をそのまま使いたかったので、リーフィー1本を鎖編みして強化しました。100目くらい編んだかな?

f:id:amimono-seikatsu:20180603085001j:plain

 

しっかりこま結びにします。
注:ここがゆるいと、糸が抜けてしまうので、きつく結びます。

f:id:amimono-seikatsu:20180603085004j:plain

形を整える

本体をはずし、長い部分をカットして形を丸く整えます。

カットする前は、バラツキがあるボンボンです。

f:id:amimono-seikatsu:20180603085016j:plain

 

カットして丸くなりました。

f:id:amimono-seikatsu:20180603085018j:plain

 

できあがり

口金に持ち手を付けてみると

f:id:amimono-seikatsu:20180603085203j:plain

置いたときにくたっとするのも編み物ならでは。

f:id:amimono-seikatsu:20180603085200j:plain

気をつけるところ

本体に糸を巻いていると、途中で、もうこれくらいでいいかなっと迷います。写真左側は中心にすき間がありますね。これだと、丸くまとめたときにゆるみが出てしまいます。右側のように中心に近いところは多めに巻き、平らになるところまでしっかり巻くと、ゆるみもなく、できあがりもよりまん丸になってくれます。

f:id:amimono-seikatsu:20180603085142j:plain

 

作ってみて

普段は毛糸で作ることが多いボンボン。今回たまたま残ったリーフィーで作りましたが、糸の混ざり具合とか、かさっとした感じとか、今の季節の飾りにちょうどいい。「くるくるボンボン」を使うことによって、短時間で作ることができました。いわゆる100均のようなお店でも似たようなものを見たような?サイズが1つでいいなら、そちらの方がお得ですね。

 

 

材料と道具

☆糸:パピーのリーフィー(使用量は1個につき10gくらい)


 

 ☆くるくるボンボン


 

 

☆ ひもを編むときは、かぎ針4/0号で編みました。

 

 

最近ではボンボン(この場合ポンポンですね)で、こんなすごいものができるんですね。びっくり!

犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物

 

動物ぽんぽん: 毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット

 

 

ポンポンを作る道具はクロバーからも出ています。 

Clover スーパー ポンポンメーカー 直径約35・45・65・85mm 58-791

Clover スーパー ポンポンメーカー 直径約35・45・65・85mm 58-791

 

 

今回は「くるくるボンボン」を使ったボンボンの作り方の紹介でした。
編み物や編み糸に興味を持っていただけたら、幸いです。

 

 

 

バッグを編んだ時の記録も、あわせてどうぞ。
リーフィーのバッグ編み始めました。