Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

刈られたばかりの羊の毛から、コサージュができました。

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

 



先日、羊の毛刈りを生で見る機会に恵まれました。羊さんは刈られている間、ずっとおとなしくて、すでに暑い日もあった宮城県、この日をきっと待っていたことでしょう。

刈られた毛は1枚のフリースになってこの形。私は白く丸く囲んだ部分を分けていただきました。右側が頭側なので、ちょうど肩から背中のあたりになります。
食欲旺盛だったのかな?穀物がちょこちょこついています。

f:id:amimono-seikatsu:20180611215346j:plain

 

そのあと、洗ってすすいで乾かして。房がしっかりしている部分があったので、さっそく原毛を編みこんだコサージュを作りました。


選び出した房の部分がこちら。

f:id:amimono-seikatsu:20180611214745j:plain

白の中にも、クリームっぽいところと、グレーっぽいところがあります。毛先の部分はナミナミになっていて、コサージュにしたときにいい表情を出してくれるんです。

 

できあがりはこちら。

f:id:amimono-seikatsu:20180611214758j:plain

バッグの飾りにしてもいいですよね。綿のように見えるところは、毛の根元部分。毛足が長いので、猫の毛みたいにあちこちについたりはしませんよ(笑)

 

ブローチの裏側はこちら。

f:id:amimono-seikatsu:20180611214748j:plain

編み込んだ本体部分に、裏ぶたを編んでつけて、ブローチピンをつけただけのシンプルな作りです。

原毛のコサージュの作り方は、こちらにまとめています。あわせてどうぞ。
編んでつくる原毛のコサージュ

 

 

 

少ない原毛でも、コサージュとして楽しめます。
おもしろい素材に出会ったら、編み物としても楽しんでみてくださいね。