Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

梅シロップを作る

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

 

 

暑い日が多くなりました。最近は日差しの力強さを感じます。
そろそろ、梅の時期も終わりに近づいてきました。
毎年つけている梅シロップのこと、まとめておきたいと思います。

梅シロップを作る

 

時期

宮城県では、およそ6月に入ったころから梅の収穫が始まり、道の駅や産直のお店にたくさん並びます。だいたい6月いっぱいは手に入りますが、見かけるとすぐにでも買いたくなりますよね。まずは6月初めに3キロ、つい先日追加で2キロ購入してきました。

  

f:id:amimono-seikatsu:20180624141519j:plain

 材料

写真の梅が2キロ、洗ってへたを取ってあります。他に冷凍してある梅が2キロ、こちらもあらかじめ洗って、へたを取ってから冷凍しました。
お砂糖は、梅と1対1になるよう用意しています。今回は合計4キロ。

 

 

f:id:amimono-seikatsu:20180624141516j:plain

使ったビン

果実酒をつけるための4Lのビンです。中に内ぶたが付いていて、梅酒をつけたときなどに使いやすいよう、注ぎ口もついていました。果実酒用なので、密閉構造ではないそうです。
途中、中身を混ぜるためにビンを振ったり、斜めに傾けて転がしたりしますが、4Lまでは無理なく大丈夫。5L以上でなおかつ中身の量も増えると、重くて大変そう。

 

 

f:id:amimono-seikatsu:20180626134734j:plain

作り方

梅と砂糖を詰める

梅が傷んでしまっては困るので、砂糖は惜しまず、目一杯詰めています。最初はすき間ができないよう、上白糖を使いました。右側のビンの中身はあらかじめ冷凍してあった梅。こちらは水の上がりが早いので、上の方は氷砂糖です。
この時点では、砂糖を2キロ詰めただけなので、隙間が空いたらその都度氷砂糖を加えていきます。もっと大きなビンを使えば、初めから砂糖を全量入れられるのですが、置き場所の都合もあるので。

 

f:id:amimono-seikatsu:20180626134725j:plain

水が上がってくる

一晩立てば、こんな感じ。あらかじめ、冷凍してあったものはかなり水が出ています。さらにもう1日経つと、完全に梅の上まで水が上がりました。隙間ができたので、ビンを斜めにしてコロコロと混ぜ、残りの氷砂糖を入れました。あとは梅のエキスがしっかり出るまで、時々混ぜながら様子を見ます。この時点でふたを開ければ、梅のさわやかな香り。できあがりが待ち遠しいです。
左側の生からのものは、ほとんど変化なし。まだまだかかりそうですね。

 

仕上げ

梅にしわが寄ってきたら(1週間~10日ほど)、シロップを取り出し、加熱して残った砂糖を溶かします。あくを取りながら15分ほど加熱。梅は別に煮て甘露煮やジャムに。シロップは、冷蔵庫で保存しています。

 

来年のためのメモ

今回は、手に入りやすい白加賀と、梅酒・梅ジュース専用の凰宿の2種類を漬けました。凰宿は初めて漬けます。実はところどころ赤みがかっていて、さわやかな中に甘い香りもあり、楽しみな品種。

県南の産直だと、角田の「あぐりっと」、蔵王の「みんな野」、あとは大河原の「もちぶた館」の中にも季節になると並びます。それぞれ良さがあるので、どこがいいとは決められませんが、凰宿を「みんな野」で購入したことは記録しておこうと思います。

今年は5キロ購入しました。あと1キロは冷凍庫の中、できあがったシロップがなくなるころ、また作る予定です。

 

梅を購入しお店

角田の「あぐりっと」詳しくはこちら
産直広場あぐりっと

 蔵王の「みんな野」詳しくはこちら
産直市場みんな野

 大河原の「もちぶた館」詳しくはこちら
とんとんの丘 もちぶた館

 

 

 

編み物以外のことも、たまに記録しています。
カテゴリー・生活あれこれ