Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

「編み物のコツ」棒針編みで編み込み模様を編むときのポイント(横に糸を渡すとき)

f:id:amimono-seikatsu:20210421142455j:plain

Aditya KumarによるPixabayからの画像

こんにちは、Knit BRANCHです。

今回は棒針編みで編み込みをするときの、糸の渡し方のポイントについて。

編み込み模様とは、裏側で糸を渡しながら、2色以上で編む模様です。写真はカーディガンを編むために試し編みをしているものです▼

f:id:amimono-seikatsu:20180921214930j:plain

糸の渡し方

①糸は平行に渡す

編み込みをしていくうえで、難しいと感じるポイントは糸のさばき方ではないでしょうか。

どんどん編んでいくうちに、糸が絡んできて、仕方なく糸を切って続きを編むということはありませんか?

裏を渡っている糸が上になったり下になったり、交差すると糸がからんでしまいます。2色の糸を上の糸、下の糸と決めてから編みましょう。

実際に編むときは・・・

2本の糸が平行になるように、上を進む糸、下を進む糸をそれぞれ決めます。

例えば上の模様の場合、白は常に上を進み、模様を作っている糸が下を進んでいます。

②片方の色がもう片方より目立つということを知る

もう一つのポイントは、模様の出方が、糸の扱い方により変わるということです。

上を進むのか下を進むのかによって、模様の出方が変わります。どちらの目が大きく見えるかは個人差があります。

私の場合は下を渡る糸の方がよりはっきり見えます。どうしても上の糸の色の方が目が詰まってしまい、ほんの少しだけ目が小さくなってしまうからです。

そのため、目立たせたい色を下に、地糸(背景となる色)を上にしています。

上を進むのか下を進むのか、両方試してみることが大切です。

 

 

f:id:amimono-seikatsu:20180921214207j:plain

▲試し編みの途中で糸を上下入れ替えました。

私は右手と左手両方の手で一色ずつ編んでいるので、、左右の糸を入れ替えて編みました。

黄色で囲んだところのように、模様がよりはっきり出るほうがいいですね。

セーターの身頃など往復で編むときは、表から見て編むときも、裏から見て編むときも、糸の上下の位置は変わりません。 

f:id:amimono-seikatsu:20180922193211j:plain

▲裏の糸の渡り方

表から見ると、配色糸が目立ちますが、裏からは逆に白の地糸がよく見えます。

 編み込み模様を使って編むなら

初めて編み込み模様を編む時は、帽子など表だけを見ながら編む作品に挑戦してみましょう。

並太くらいの糸をいつもより細い針で編んでみると、編み目が詰まり模様もくっきりして、きれいに編みあがります。

まずは試し編みをしてみましょう。

裏に渡る糸が均等になるように。

編み込みで編んだものは糸が2重にわたり、ふっくらとして暖かいです。寒い冬に向けて、編んでみませんか?

 

今回はパピーのシェットランドを5号で編みました。糸割れも少なく色も豊富で、編み込みに使いやすい糸です▼

 

もっと細い糸を使うなら、パピーのブリティッシュファインもおすすめ。ウェアではなく手袋などにちょうどいいと思います。

肌触りはシェットランドの方が柔らかく、こちらはブリティッシュエロイカに似ています▼

 

この本すてき▼

 

 今回試し編みをしていた編み込み模様のカーディガンのできあがり▼

f:id:amimono-seikatsu:20181127174638j:plain

 

編み込みすると暖かいよ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。