Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

イチジクを煮るー青いイチジクを使ってあっさりとした甘露煮を作りましたー

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

 

 

秋ですね。今日は最高気温も16度。ちょっと季節が先に進んでしまっています。
秋の果物もたくさん店頭に並ぶようになり、まずはイチジクの甘露煮を作りました。
今回はその記録です。 

イチジクの甘露煮を作る

 材料

  • イチジク1キロ
  • 砂糖200g
  • 加熱する時にお水を50㏄くらい

f:id:amimono-seikatsu:20180921183639j:plain

真っ青なイチジクです。いつもは生で完熟のものを食べていたイチジクですが、こちらに来て、青いものが袋にいっぱい入って売られていることに、まずびっくり!時期もお彼岸あたりだったりして…お供え物かと思いました。

甘露煮にして食べると知ったのが、数年前。生のものは傷みも早いためか、あまり流通せず、お値段もお高め。青いものを甘く煮ておけば、長く楽しめて、しかもおいしいですね。新しい発見でした。

今回は甘さ加減がちょうどよかったので、記録しておきます。 

作り方

洗って頭の部分を取り、半分に切る

f:id:amimono-seikatsu:20180927090020j:plain

頭を少し切り落とし、縦に半分に切ります。大きいものなら1/4でもいいですね。

砂糖をまぶす

f:id:amimono-seikatsu:20180921183635j:plain
砂糖をまぶし、ゆするように混ぜ、全体に行き渡るようにします。
200gだと、全体にうっすら付く感じ。

水気が出てきたら、炊飯器にセット

f:id:amimono-seikatsu:20180921183644j:plain
器を傾けると、水気が出てきているのが分かります。

 

f:id:amimono-seikatsu:20180927084714j:plain
炊飯器に入れ、お水をたし、落し蓋がわりにオーブンシートをかぶせます。 

煮る

今回は、炊飯器を使用。最近の炊飯器は調理機能が付いていますね。沸騰までいかず一定の温度で加熱されるようで、便利に使っています。
今回は40分にセットしました。途中のぞいてみましたが、コトコトという時とぐつぐつという時があり、ちょうどいい具合に煮込まれているようでした。

こちらは40分の加熱が終わったところです。

f:id:amimono-seikatsu:20180927084718j:plain
途中かき混ぜたりしないので(焦げ付く心配がないので)、形もしっかり残っています。 

できあがり

f:id:amimono-seikatsu:20180927084716j:plain

皮つきですが、そのまま食べられます。食べた食感からすると加熱時間は最低40分。もう少し伸ばしてもいいかもしれません。汁ごとビンに入れ、冷蔵庫で保存しています。
どのくらい持つのかしら?作るとあっという間になくなってしまうので、そこのあたりは不明です。

 

 

 

今回は、イチジクを煮た記録でした。
秋を楽しむ参考になれば幸いです。

 

編み物以外のことも、たまに載せています。
カテゴリー 生活あれこれ