Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

ラグランセーターのとじはぎの手順について。すくいとじとメリヤスはぎでセーターの形にするところです。

こんにちは、Knit BRANCHです。

今回は、編んでいるセーターを使って、ラグランセーターのとじはぎの手順をまとめます。

 

f:id:amimono-seikatsu:20181229124118j:plain
編んだパーツを並べるとこんな感じ。
手前が前身頃、その反対が後身頃、両サイドが袖です。

f:id:amimono-seikatsu:20181229124130j:plain
これを下の形になるように、とじはぎしていきます。

それではとじはぎスタート!

ラグランセーターのとじはぎの手順

1 ラグラン線をとじる

f:id:amimono-seikatsu:20181229124121j:plain
まずは、4か所あるラグラン線を下からとじます
端の目と端から2番目の目との間の糸をすくいながらとじていきます。
写真の黄色の部分は最後にまとめてメリヤスはぎします。

f:id:amimono-seikatsu:20181229210344j:plain
とじ終わると、こんな感じ。
ラグランスリーブの場合、多くは端の目を2目ほど立てて減らし目をしているので、比較的とじやすいと思います。すくう時に、ここだけは左側が先行するようにすると、ちょうどよくとじられます。
どちらからとじ始めるかは、最後のまとめを参考にしてください。

2 身頃をとじる

f:id:amimono-seikatsu:20181229124124j:plain

身頃の脇の部分をとじます。
こちらも下から順にとじますが、ここは右側が先行するようにとじます

f:id:amimono-seikatsu:20181229210350j:plain
実際は先にラグラン線をとじ終わっているので、下の写真のようになっています。

3 そでをとじる

f:id:amimono-seikatsu:20181229124127j:plain

袖をとじます。
実際はラグラン線も身頃もとじた後なので、かなり立体的になっています。
ここも右側が先行するようにとじていきます。
増やし目をしているところは、次の目と一緒にまとめてとじました。

4 わきをメリヤスはぎする  

f:id:amimono-seikatsu:20181229210353j:plain
正確にはわきの下でしょうか、ぽっかり穴が開いているところを、メリヤスはぎしていきます。
袖と身頃のメリヤスはぎになります。
編み地の方向が向かいあうようになるので、半目ずれた状態ではいでいくことになります。

f:id:amimono-seikatsu:20181229210400j:plain
はぎ終わるとこんな感じです。

とじはぎする時に気を付けているポイント

  1. とじる手順の決め方について
    とじはぎするときは、糸が長くなりすぎないようにしています。
    糸がすれていくと徐々に弱くなりますから、一度にとじる長さを程ほどに。
  2. どちらからとじるかについて
    身頃を編む場合、袖口の減らす部分の1段目は5目とか6目とかまとめて伏せています。
    表から見た場合、右側は1段目で減らせますが、左側は次の段で減らすことになるので、1段多くなります。
    そのため、1段多い方からすくい始めています。

セーターはこの後糸始末をし、えりを編んだら完成です。
衿は3段ガータ編みを編んで伏せ目をして、落ち着かせています。スクエアネックの形もくずれず、ほど良くまとまりました。

今回は、ラグランスリーブのセーターのとじはぎの手順についてまとめました。
編み物するときの参考になれば幸いです。

 

編み物あれこれはこちら
トップページに戻るにはこちら