Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

完成した三角ショールを使って、編み物のアイロンがけの手順を紹介します。

こんにちは、Knit BRANCHです。

完成した三角ショールを使って、編み物のアイロンがけの手順を紹介します。

ほとんどの場合、仕上げはアイロンで行っています。セーターなど立体になっていくものは、途中パーツが編みあがるごとにアイロンがけしています。そうすることによって、とじはぎもしやすくなり、繰り返し着たり洗ったりしても型崩れしにくくなります。

少し面倒ですが、とても大切な作業なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

今回の三角ショールは型紙は使用していませんが、セーターやカーディガンなどは実物大の製図に合わせてアイロンがけしています。

 

編み物の仕上げのアイロンがけ

 1.ワイヤーを通す

アイロンがけするときには、ワイヤーとピンを使っています。

まずはワイヤーを編地のふちに通していきます。今回はふち編みの細編みのところを通しています。細かく拾った方がきれいに仕上がりますよ。

f:id:amimono-seikatsu:20190118095122j:plain

2.アイロン台に置く

次にアイロン台に置きます。大きめのアイロン台を使用しています。

f:id:amimono-seikatsu:20190118095119j:plain

3.ワイヤーをピンでとめる

何か所かピンでワイヤーを止めます。この時、実物大の製図を使うときは下に敷き、それに合わせるようにピンを止めていきます。

f:id:amimono-seikatsu:20190118095124j:plain

4.アイロンの蒸気を当てる

左右対称になるように、ゆがみが出ないように編地を整えたら、蒸気を当てます。アイロンの温度は羊毛に合わせて、高くなりすぎないように注意。たっぷり蒸気を出してまんべんなく行き渡るようにします。アイロンは割とぎりぎりまで寄せますが、編み地には付けません。全体にあてたら、完全に冷めるまで、そのままにします。 

できあがり

リフ編みがふっくら仕上がりました。

f:id:amimono-seikatsu:20190118095131j:plain
肩にかけても暖かく、前にもってきて端を首の後ろで結んでもいい感じ

f:id:amimono-seikatsu:20190118095125j:plain
f:id:amimono-seikatsu:20190118095123j:plain

 
手持ちのワイヤーは販売終了しているようですが、こちらも同様の商品です。
使ってみると便利ですよ、ピンもセットになっています。

 ワイヤーを止めるピンはこちらもおすすめ。

 
 
他にも気が付いたことを順にまとめています。
カテゴリー:編み物あれこれ