Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

編み物をするときに揃えたい道具のまとめ

 

こんにちは、Knit BRANCHです。

 編み物はかぎ針や棒針があれば始められますね。まず道具をそろえるという方、必要に応じて購入する方、いろいろだと思います。
今回は買ってよかった、長く使える編み物道具のまとめです。 

編み物するときにそろえたいおすすめの道具25

編み物するために必要な道具

玉付き棒針

 関連記事:棒針編みの基本の編み方、まずは何から・・・

輪針80㎝

輪針40㎝

かぎ針セット

レース針セット

アフガン針

はさみと糸切りばさみ

とじ針

ほつれ止め

なわあみ針

ニット用待ち針

編み出し糸

セーターを編むようになったら

製図用紙

編物ノート

1/5縮尺定規

ゲージメジャー

50㎝定規

メモリーシート

もともとは機械編みするときに使用するもの。手編みの時にも、編み図を見ながら編んでいくより、早く編めて操作も確実なので、便利に使っています。

例えば、セーターを編むとき。段数を数えつつ、わきの減らし目が始まり、途中で衿の減らし目も加わり・・・と忙しすぎる前身頃。そんな時には、前もって操作をメモリーシートに書き込み、それを見ながら編んでいます。 

仕上げには

アイロン

ワイヤー

以前ニッティングワイヤーの名前で販売されていたものを使用しています。 ブロッキングワイヤーもほぼ同様のもの、アイロンがけするときに編地の端に通して使います。ピンだけで止めるよりもシャキッと真っすぐになり、カーブのところもピンの止め方次第できれいに仕上がります。 編み地が整っているのは、これのおかげです。

関連記事:編み物のアイロンがけはこんな手順で

仕上げ用ピン

 

お手入れのために

洗剤