Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

カメレオンのポーチを編みました。キットはやっぱり便利。なわともこさんのデザインです。

こんにちは、Knit BRANCHです。

内藤商事さんのカタログからカメレオンのポーチを注文し、編んでみました。
なわともこさんデザインの作品です。

カメレオンポーチを編みました。

キットにセットされているもの

f:id:amimono-seikatsu:20190223233854j:plain
キットの中にはカラフルなファスナーや目玉、裏地など、必要な材料はすべて入っていました。

こんなファスナーがあるとは知らなかったけれど、このポーチにはピッタリですね。

本体とパーツを編む

f:id:amimono-seikatsu:20190223233901j:plain

まず胴体部分、ここは1枚を半分に折って使います。

同じものを2枚編むタイプのポーチは、1枚目と2枚目のサイズが変わってしまったり、それがちょっとストレスになることもありますが、このポーチは1枚編むだけで大丈夫。

途中7段目を編んだところで、目安のサイズとだいたい合っているかな?と確認できるようになっています。

 

f:id:amimono-seikatsu:20190227162759j:plain

本体部分以外にパーツも編みました。

手と足は、形が少し違います。

パーツの付け方

パーツの付け方はいろいろあると思いますが、特に説明書きはなかったので、今回付けた方法を紹介します。

f:id:amimono-seikatsu:20190227162803j:plain
f:id:amimono-seikatsu:20190227162807j:plain

まずは、本体部分の付けたいところに差し込みます。

f:id:amimono-seikatsu:20190227162811j:plain

裏返します。

f:id:amimono-seikatsu:20190227162836j:plain

手足と本体をとじ針ですくいながら止めました。糸はピンクの糸(カブレ)を割って、2本のみを使用しています。

ぐるっと1周止めました。

f:id:amimono-seikatsu:20190227162848j:plain

手も足も付けるとこんな感じ。ちょっとカメっぽい姿です。

内袋を作り、本体と合わせる

f:id:amimono-seikatsu:20190227163523j:plain

ほかのパーツも付けて、内袋も作りました。

ファスナーの付け方は説明書に載っているので、それを参考につけてみました。

縫い付けは中央から縁に向かって。端の金具のあるところは、表に返してからステッチするように縫い止めました。ファスナーは裏地に止めるので、サイズが合わない、なんていう心配はありませんよ。

f:id:amimono-seikatsu:20190227163520j:plain

手芸用のクリップで仮止めして、本体と内袋を縫い付けたら完成です。

残った糸など

f:id:amimono-seikatsu:20190227164020j:plain

私はこれくらい糸が残りました。
単色の糸が多めに残ったので、どうしようかなと考え中です。

キットは2色から選べます。

2017年に発売されたキットなので、画像検索をするといろいろな角度から撮影されたカメレオンに出会えます。カメレオンポーチ:画像検索結果へ 

工夫したところ 

最後に、今回編んでいて工夫したところ

f:id:amimono-seikatsu:20190227162756j:plain

手足を編んだ時、最初は指定通り4/0号で編みました。

なんだか締まらない。少し大きくて、もさっとしている感じ。

どうやら手がゆるいみたいです。

3/0号で編み直したら、編み方そのままでシャキッとしました。


今回は、カメレオンポーチを編んだ時の記録をまとめました。
編み物するときの参考にしてください。

 

かぎ針編みで編んだものはこちらにまとめています。

カテゴリー:かぎ針編み