Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

毛糸だまvol181 2019春号より プルオーバーを編み始めました。「くもさん」のやさしいピンクむらさき色です。

こんにちは、Knit BRANCHです。

 先日購入した「毛糸だま2019春号」掲載のプルオーバーを編み始めました。

f:id:amimono-seikatsu:20190309223253j:plain

使用糸は、野呂英作のくもさん、col.28はピンクむらさきのやさしい色です。くもさんの名の通り、白い部分がふわふわとしています。

野呂英作の糸は、段染めのイメージが強く、わりとはっきりした色で、色もどんどん変わっていく糸が多いけれど、こういう単色のようで絶妙な混ざりがある糸っていうのも意外と他にはないから、きれいだなぁと思いながら編んでいます。

まぁ、そういうおもしろさがないと、表目や裏目の繰り返しは集中力が切れてしまいますから、糸とデザインがピッタリな感じ。

まだ始まったばかりだけど、色の出方が想像できないので、できあがりがすごく楽しみです。

指定針は6号でした。伸びがなくすべりのいい糸なので、やはり私が編むとゆるくなり、4号に変更して編んでいます。

 

(株)野呂英作Facebookページより

左下のプルオーバーです。

デザインはネックから編み始め、目数を増やしながら進んでいくタイプ。

ヨーク部分が終われば、身頃とそでに分け、また輪で編んでいきます。

袖はガータ編みなので、表編みと裏編みの繰り返し。こんな風にガータ編みを編むこと、今までなかったかも。目がそろうか、ちょっと不安。

ヨーク部分が終わったら、1度アイロンがけしたほうがいいかな。

そのあたりで、また途中経過をまとめます。