Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

冬に向けてスヌードを編みました。Scheepjes Our Tribe ほわほわで暖かい。

 

 f:id:amimono-seikatsu:20191003212234j:plain

こんにちは、Knit BRANCHです。

仙台は朝晩が涼しいというかもうすでに肌寒い日も。何となく首元のひんやりが気になるようになってきたので、スヌードを編みました。

今年は、ソックヤーンに夢中です。どの糸を選んでもグラム当たりの長さはほとんど変わらず、色はとにかく豊富。

ナイロンが入っていることで丈夫だし、またウォッシャブルウールなのでお洗濯もネットに入れて洗濯機で洗えます。

ウールやシルクの肌触りにはかなわないけれど、普段使いや直接肌に触れないところなら問題ありません。

まれに、ナイロンにアレルギーのある方もいらっしゃるようなので、市販のストッキングはかゆくてダメという方は、ちょっと慎重に。

今回はシェイプイェス アワートライブでふわふわスヌードを編みました

使用糸

Scheepjes Our Tribe (シェイプイェス アワートライブ )968 1玉100g

*最後にできあがりサイズを載せました。必要なグラム数を決める際に参考にしてください。

シェイプイェス アワートライブは同系色の段染め糸なので、シンプルな編み方でも色が少しずつ変化します。

真っすぐのボーダーにするよりも斜めになっていた方が首にかけたときにかっこいい!

編み方は単純ですからぜひ1枚編んでみてくださいね。

思い切って明るい色で編むのがおすすめです!

編み方

棒針6号使用

後からほどける作り目で100目作ります。

  • 編む糸で作り目から拾った目が1段目になります。
  • 2段目は裏編み(つまり1,2段目でメリヤス編み)を編みます
  • 3段目はまずは表編みを3目編んで、次はかけ目、残りが4目まではずっと表編みして、残った4目で左上2目一度と表編みを2目編みます。
  • l l 人 l l ・・・・ l l 〇 l l l ⇐こちらから編みます
  • 4段目はすべて裏編み
  • 続きは、3・4段目の繰り返しです。

編んでいると平行四辺形のように斜めに編み地が進みます。

どこくらいの長さができているのかわかりづらく、ソックヤーンなので、若干斜行もします。

糸の残りがあと2段分くらいかなというところで本体を編むのはおしまいにします。

最初の作り目の別鎖をほどいて1段目を針に取り、最終段とメリヤスはぎしてできあがりです。

 

 

 

メリヤスはぎしている部分はここ。

f:id:amimono-seikatsu:20191003212231j:plain

注:増やして減らしての操作が続くので、うっかりどちらかを忘れてしまうと目数が変わってしまいます。時々確認しておくと安心ですよ。

2重巻きにするとこんな感じなんですが・・・

f:id:amimono-seikatsu:20191003212236j:plain

実際にはぎりぎり2重に巻けるという長さなので、こういう使い方をするなら1.3-1.5玉くらい編んでもう少し長くしないと苦しいです。

 

 

 

 

最後に今回の目数で編んだ場合のできあがりサイズです。

f:id:amimono-seikatsu:20191003212239j:plain

幅32㎝×1周92㎝の輪ができます。
他のソックヤーンでも同じように編めますが、Our Tribeはソックヤーンとは思えないくらいふわふわな糸なので、風合い重視ならこの糸がおすすめ。

もう少しパキッとした色が好みなら、ショッペルのザウバーボールシリーズでも良さそうです。

 

ショッペルのザウバーボールシリーズ、例えばこんな糸です。

 

こちらはウール100%のちょい太め、渋い色もいいですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。