Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

「編み物のコツ」最後の糸始末 糸の残りが短いときはどうしよう?

f:id:amimono-seikatsu:20210421190500j:plain

Bolanu Teslaru AndreiによるPixabayからの画像

こんにちは、Knit BRANCHです。

最後の仕上げの糸始末。

どうしても糸の残りが短くなってしまった時。そんな時は、ちょっと手順を変えれば大丈夫!

今回はその方法の紹介です。

短い糸での糸始末

f:id:amimono-seikatsu:20200329210327j:plain

▲糸の残りが5センチくらい

f:id:amimono-seikatsu:20200329210329j:plain

▲そんな時は写真のように先に編み地に針を通します。先に針に糸を通してしまうと編み地をすくえません。

ポイント

糸をすくう時には時々糸を割ってすくうと、通した糸がからんで抜けにくくなりますよ。 

f:id:amimono-seikatsu:20200329210331j:plain

▲そのあと針に糸の先を通します。

f:id:amimono-seikatsu:20200329210334j:plain

▲針先を引けば編み地に糸が通り、糸始末ができます。余っている糸は切りましょう。

ちょっと方法を変えれば、短い糸でもしっかり処理できます。

使いやすいとじ針はこちら▼

 

編んでいる糸が細いときはシャープポイントも便利です▼

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。