Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

編み物本「金票で編む 小さなレース編み」を買いました。

金票で編むちいさなレース編み (レディブティックシリーズ)

金票で編む 小さなレース編み
ブティック社
購入時価格:1150円+税

 

少し暑い日が続くと教室にレース編みの波がやってきます。ドイリーやモチーフ編みの本もたくさん発売されていますが、こちらの本は種類が豊富。

ネックレスやブローチなどのアクセサリーやドイリーもあれば、カフスにポーチもあったりして、全部で25アイテム、色違いなどもあるので34点の作り方が載っています。

表紙以外の作品の中でも、とりのブローチとお花のリースのブローチそしてエジングのハンカチが特に気になってます。金具の取り付け方など、編み方以外の説明しっかり載っていて分かりやすい。

レース糸でしかも小さな物だから編むのは少し難しいけれど、ゆっくり1目1目編めば大丈夫。ウェアなどに比べると編む量はぐっと少ないから、少ない時間でもできあがり、完成して身に着ける楽しさを満喫できそうです。

 

 

ブティック社のページで写真を見る場合はこちら▼

金票で編むちいさなレース編み | 本の情報 | ブティック社

 

ここからは使用されているレース糸のこと。

 

 

金票とは

オリンパス製糸さんから発売されているレース糸のシリーズのひとつ。エジプト綿が使用されているみたい。

オリンパスさんのレース糸は、編みあがった時のつやがいいし編んでいるときも編みやすい。糸のよりもちょうどよく、素材がいいからか仕上げがいいからか、とってもなめらか。金票は目もそろいやすくきっちり編めるから、ドイリーや小物を編むときにピッタリです。

糸の太さ

太さもいくつか種類があって、番号が大きい方が細くなっています。例えば18番なら50gで210mと毛糸で言えば中細程度ですが、70番になると50gで830mとものすごく細い。ちなみに分かりやすいように50gで比較しましたが、実際販売されている70番は5gです。

一番編まれているのは、その間にある40番じゃないかな?色の種類も豊富で、今年の新色も発売されていました。今年はダルカラー。ダルカラーとは、純色に灰色を混ぜた色。鈍い色で静かで落ち着きのある色味です。

同じオリンパスさんの有名なエミーグランデは甘撚りなのでウェアを編むことが多いけれど、今年の夏は小物づくりにはまっちゃいそうです。

 

購入した本はこちら▼

 

レース糸は10gから購入できます▼

 

たっぷり編むときは50gがおすすめ▼ 

 

レース針はグリップが付いているものがおすすめ。セットでお得▼

 

注文している糸が届いたら早速編んでみます。

注文しているのは金票40番の新色col.343。落ち着いた群青色です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。