Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

第10回全国ニット大賞に出品しました。作品タイトルは「手紡ぎショール 羊の温もり」です。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192435j:plain

作品タイトル「手紡ぎショール 羊の温もり」
2021/5/26

こんにちは、Knit BRANCHです。

いつかは手紡ぎ糸で作品として仕上げたいと思っていました。この度、ヒツジゴトさんとの2年越しの夢がかない、士別サフォーク研究会主催の「全国ニット大賞」に向けてショールを編みました。

糸はすべてヒツジゴトさんの手紡ぎ糸を使用しています。ヒツジゴトさん、現在は山梨県にいらっしゃるので打ち合わせは完全リモート。

色味とかサイズから予想する必要な長さとかお伝えして、試し編みをしたら写真を撮って送ったり、あれやこれやと相談していると何とかなるものですね。

最終的にはグラデーションの色味は完全にヒツジゴトさんにお任せしてしまって・・・私は色の変化を楽しみながら手紡ぎ糸の編み心地を満喫する、というぜいたくな経験ができました。

 

制作過程のこと

使用した手紡ぎ糸

f:id:amimono-seikatsu:20210603192316j:plain

▲ずらっと並べるとこんな風。若草色から桜のようなピンク、そして夕やけのような緋色に向かって徐々に変わっています。

f:id:amimono-seikatsu:20210603202014j:plain

f:id:amimono-seikatsu:20210603192319j:plain

f:id:amimono-seikatsu:20210603192332j:plain

f:id:amimono-seikatsu:20210603192341j:plain

f:id:amimono-seikatsu:20210603192348j:plain

f:id:amimono-seikatsu:20210603192352j:plain

▲このかせ糸のまま飾っておきたいくらい。結局10日くらいはそのままながめていた気がします。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192356j:plain

▲あいだにはさんだコリデール。ちょっと張りがあって編地をしっかりまとめてくれました。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192400j:plain

▲近づいてみるとこんな感じ。かせによって少し濃淡があるので、これだけでショールを編んでも深みが出てかっこいい仕上がりになりそう。

 

かせから巻きへ

f:id:amimono-seikatsu:20210603192410j:plain

▲巻かないと編めないので一気に巻き巻き。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192403j:plain

▲編んだ時を想像しながら並べてみました。

編むところ

色々試行錯誤はあったのですが、そこは省きまして・・・

f:id:amimono-seikatsu:20210603192421j:plain

▲ここまでで半分ちょっと。引上げ編みを使いグラデーションの糸とふちどり模様の糸を交互に編み進めます。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192417j:plain

▲このうすピンクからオレンジに移ったあたりが一番好き。写真では伝わりにくいけど、色のからみがたまらないのです。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192429j:plain

▲とにかくひたすら編み進め、本体部分を編みきったところ。

 

できあがり

f:id:amimono-seikatsu:20210603192432j:plain

▲サイドのふち編みとフリンジをつけて完成です。フリンジ用には1巻き編むごとに少しずつ糸を残していました。ミックス色のフリンジとコリデールのみのフリンジです。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192435j:plain

▲そのまま羽織るだけでも軽くて暖かい。腕の先まですっぽりおさまります。

f:id:amimono-seikatsu:20210603192440j:plain

▲巻きつけると肩がさらに暖かい。意外とすべり落ちることなくそのままの状態でキープできました。

 

普段用にもう1枚このサイズで編もうかなっと思っています。

サイズは70㎝×180㎝くらい

本体は棒針編み、ふち編みはかぎ針編みです。

手紡ぎ糸は700g用意していただきましたが、少し余裕がありました。

   

 

最後に「全国ニット大賞」のこと

https://www.facebook.com/shibetsu.suffolk/

全国ニット大賞は士別サフォーク研究会さんが主宰されています。情報はFacebookでも見られます。過去の入賞作品を写真で拝見しましたがどれも素晴らしく、今回、実際に見られたらいいのですが…

今回の展示は、士別の羊と雲の丘にある「世界のめん羊館」にて6月21日より始まり、8月21日までとなっていました。詳しくは主催者の方のページをご確認ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。