Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

モヘアのほどき方 ポイントは小刻みに動かすこと、少しずつほどくような気持ちでね。

こんにちは、Knit BRANCHです。

モヘア糸でベレー帽を編んでいましたが、ちょっと予定変更。ほどくことになりました(~_~;)  

モヘアの入っている糸ってほどきにくいんですよね。今回ちょっとコツをつかんだような気がするのでその覚え書です。

 

f:id:amimono-seikatsu:20210818203248j:plain

▲途中まで編んでいたモヘア糸。

使用するのは、クロバーさんの「リペアフック」かいつも使用しているとじ針です。

 

 

f:id:amimono-seikatsu:20210818203251j:plain

▲今回は棒針編み。かぎ針編みに比べほどきやすいけれど、できるだけダメージは少なくしたいので、とにかくからまないようにほどきます。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203256j:plain

▲なんとなくこのままスーッと引きたくなりますが、ちょっとストップ。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203259j:plain

▲まずは編んでいた時のように左手に糸をかけてみて、角度を確認します。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203303j:plain

▲糸を引くときはその方向に引っ張ります。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203306j:plain

▲引きづらいときは編地に対して直角でも大丈夫でした。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203314j:plain

▲ポイントはここ!

とにかく小刻みに糸を引くこと。少し引いてはゆるめ、また少し引いてはゆるめ、を繰り返します。芯の糸のまわりのモヘアを少しずつほぐすようなイメージです。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203317j:plain

▲それでもこんな風にからみついたところが出てきます。一気に強く引いてほどいていると、こういうところがグッとからみついてしまうんですね。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203321j:plain

▲ここでリペアフックの出番です。もちろんとじ針でも大丈夫です。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203324j:plain

▲ここでもからんでいるモヘアを少しずつほぐします。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203331j:plain

▲長く伸びているところから順にほどくだけで、ふんわりほどくことができました。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203335j:plain

▲編む前と同じようにというわけにはいかないけれど、こんな風に切らずにほどければいいのかな

f:id:amimono-seikatsu:20210818203347j:plain

▲端の部分はどうしてもからみやすいですね。ここはさらに小刻みに。すぐにほどけなくても、ふるわせてほどくようにしていると、すっと引けるときがありました。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203357j:plain

▲こちらはちょっと失敗しちゃったとき。糸が丸くからみついてます。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203401j:plain

▲毛糸はほどくとちりちりになっています。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203405j:plain

▲そのままにしないで軽く巻いておきましょう。

f:id:amimono-seikatsu:20210818203408j:plain

▲すべてとき終わりました。編み直す前にはスチームをあてて芯の糸をゆるめて伸ばしてから編み直します。

 

かぎ針編みの場合はさらにほどきにくいですね。次回もしほどく時があったら、今回の小刻みに引く方法で試してみようと思いますヽ(´▽`)/ 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。