Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

重ねて使えるミトン編みました。

 

こんにちは、Knit BRANCHです。

毎日寒いですね。今年は雪も多く、晴れたかと思うと放射冷却でぐっと冷え込んだり、なかなか厳しい冬です。

歩いて出かけるときは手編みのミトンをつけるのですが、1枚だとちょっと物足りない。風がどうしても抜けてしまって、暖かいような冷たいような・・・中にフリースでもつけようかなと思ったりして。

今年編んだミトンがこれまた少し大きくできあがってしまい、どうしようかと思っていた時、まずはそれはほどかずに置いておき、ちょうどいいサイズにもう1枚編むことにしました。

後に編んだ1枚でも十分使えるのですが、その両方を重ねてつけてみたら、とっても暖かい。

1+1で2倍の暖かさ、たぶんそれ以上です。


 

 

今回編んだのはこちら▼

f:id:amimono-seikatsu:20220113192153j:plain

編み図

嶋田俊之さんの「手編みのてぶくろ」基本のミトンの4を参考に、目数は調整しています。

使用針

20㎝棒針4本

外側のミトン:メリヤス編み6号、ゴム編み5号

内側のミトン:メリヤス編み5号、ゴム編み3号

使用糸

手紡ぎ糸(2-2.3番手くらい)

外側は片手で20g

内側は片手で27g

外側はふんわりとした仕上がり、内側は少し詰まった感じに仕上がりました。

 

 

 

もう少し詳しく

f:id:amimono-seikatsu:20220113192143j:plain

▲外側のミトンです。徐々に色が変わっていく手紡ぎ糸。左右の色合いは何となく揃えましたが、あとから編んだ親指部分の色が少し浮いてしまいました。

f:id:amimono-seikatsu:20220113192145j:plain

▲左右差のないデザインなので、同じものを2枚編めばOK。仕上がりによって気に入った方を外側にしたり、いっそのこと右左を決めずに使うことができるデザインです。

f:id:amimono-seikatsu:20220113192148j:plain

▲こちらは内側のミトン。ラグランセーターを編んだ残りの糸を活用しています。

f:id:amimono-seikatsu:20220113192150j:plain

▲2枚重ねた状態がこちら。手首のゴム編み部分は内側が少し短くなるようにして、厚くなり過ぎないようにしています。

f:id:amimono-seikatsu:20220113192220j:plain

▲二つのミトンを並べてみました。あまり大きな差はないのですが、

f:id:amimono-seikatsu:20220113192155j:plain

▲重ねるとこのくらい違いがあります。

f:id:amimono-seikatsu:20220113192158j:plain

▲私サイズはこれくらい。1号、針を小さくするとおおよそ5%小さくなります。私は先に6号で編んで少し大きかったので1号細くしてもう1枚編みました。

まずは1つ編んでみてちょうどよければ、2枚目を1号太くするということもできると思います。

内側と外側の差が大きいと中でずれてゴロゴロしますから、わずかに違うくらいがちょうどいいと思います。

この中がゴロゴロして落ち着かないことを仙台では、「いずい」というらしいけど、使い方合ってるかな?

 

「手編みのてぶくろ」にはもっと凝った手袋がたくさん載っています。編み込みの手袋も暖かそうだし、斜めに編み進むミトンも気になります。

 

編み図掲載本はこちら▼

 
 

最後までご覧いただきありがとうございました。