Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

ゴム編に変わる時の目数の調整について その2 目の増減を簡単に

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

今回は、目数の調整その2です。
前回の記事の続編です。

前記事はこちら

www.amimono-seikatsu.com

 

前回はちょうどいい具合にグループ分けできましたが、いつもそういう訳にはいきませんよね。

 

今回は、30目を38目に増やしたいときを例に説明していきます。
グループ分けの計算方法は順に

  1. 38-30=8なので、8目増やしたい
  2. もともとある30を8で割ると➡3あまり6
  3. あまった6をどこかのグループに入れないといけないので、3+1=4のグループを6コ作り、3のグループを2コ作る
  4. それぞれのグループの中の真ん中あたりで目を増やせば、合計8目増やすことができる

 

図で表すとこんな風です。

今回は30目から38目に増やしたい

f:id:amimono-seikatsu:20181222223158j:plain

 

もともとある30目を8で割ると…

f:id:amimono-seikatsu:20181222223201j:plain


あまった6はどこかのグループい入れないといけないので…

f:id:amimono-seikatsu:20181222223207j:plain



それぞれのグループの中で(例えば矢印のところで)増やせば、8目増やせます。

f:id:amimono-seikatsu:20181222223211j:plain

 

 

計算の仕方はいろいろあります。
グループ分けのいいところは、グループ内であれば端以外どこで増やしてもいいというところです。模様の都合などで、増やしたい位置が変わることもあります。そんな時も、この方法なら柔軟に対応できますよ。

 

ちなみに減らしたい場合は…

 

グループの中で2目一度をすると8目減らせます。

f:id:amimono-seikatsu:20181222223218j:plain

 

慣れないうちは、段数リングなどでグループ分けをしてから編み始めると分かりやすいです。目数が多いときほど、準備は大切ですよ。

 

一般的にはこの方法がよく載っていますね。いわゆる植木算です。
こちらももちろん均等に増やせますが、私はちょっと苦手です。

f:id:amimono-seikatsu:20181222233235j:plain

増やすところを図で表すとこうなります。

f:id:amimono-seikatsu:20181222233239j:plain

そで下線などは模様の影響をあまり受けないので、この方法で計算することもあります。


計算するのは面倒という方!ハマナカさんのアプリが便利ですよ。
ニット電卓

 

 

今回は、前回に引き続き目数を調整する方法の紹介でした。
編み物するときの参考になれば幸いです。