Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

「ヨーロッパの手編み」2018/春夏より、リーフィーのバッグ編み始めました。

こんにちは、Knit BRANCHのtomoです。

 

 

毎年1つずつ編んでいるリーフィーのバッグ。

今年も編み始めました。

リーフィーのバッグ ヨーロッパの手編みより

リーフィーのバッグ 製図:ヨーロッパの手編み2018/春夏

今回は、口金のついたクラッチバッグ。ガータ編みで長方形に編むだけなので、編み方はとってもやさしいバッグです。
糸は、パピーのリーフィー。3本一緒に編んでいます。

リーフィー

使用している糸:リーフィー col.729/742/760


棒針が太いので、どんどん進んでいくかと思っていたら、ガータ編みだからかな?和紙だからかな?1目1目しっかり編んでいくことになり、あっという間に指はお疲れモード。編地はかわいいだけに、気持ちは前向き、でも手は動かない…
もう1つ別のものを編みながら、進めています。

 

 

 

もう1つ編んでいるのがこちら

打ち上げ花火のベスト ダイヤモンド毛糸

ダイヤブリーゼの打ち上げ花火のベスト

ダイヤモンド毛糸から出ていたキットを編んでいます。3種類のモチーフをつなぎながら編んで、まわりを格子模様でまとめるデザイン。段染め糸なので、見本とは違う色の出方になるとのこと。どこにどの色が出てくるか楽しみです。
こちらは3種類編んでみて、それぞれのサイズを確認しました。全体のできあがりサイズを少し小さめに仕上げたいので、アレンジしながら編んでいます。

ダイヤブリーゼ、モチーフ試し編み

ダイヤブリーゼ モチーフの試し編み

糸はダイヤモンド毛糸のダイヤブリーゼ。キットの指定針は5/0号でしたが、編み目もゆるくなってしまい、大きく出来上がったので、4/0号に変更して編んでいます。糸の帯には4/0-5/0号と書いてあります。やはり編んでみないと、どちらがいいのか分かりませんね。試し編みってやっぱり大事‼



リーフィーのバッグの製図はこちらの本より

ヨーロッパの手あみ 2018/春夏 (Let's knit series)

ヨーロッパの手あみ 2018/春夏 (Let's knit series)

 

 

 

ヨーロッパの手編み2018/春夏のこと、少し紹介しています。
 2018年春、2冊目は「ヨーロッパの手編み」 

リーフィーのバッグ、続きはこちら。
リーフィのバッグの途中経過です