Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

「編み物のコツ」すくいとじのすくうところ

f:id:amimono-seikatsu:20210328214210j:plain

PexelsによるPixabayからの画像

こんにちは、Knit BRANCHです。

編地と編地をつなぐときに使うすくいとじ。どこに針を入れたらいいのか迷いますね。

糸と針で縫うのとはちょっと違う。2枚の編地の糸を交互に針ですくいながらつなぐ方法です。

 

すくいとじの約束事

  • 表を見てとじます
  • 右と左の編み地から交互に針で糸をすくいます
  • とじ針は先が太いものがおすすめ
  • スラブヤーンやネップのある糸で編んだ時は、似た色のストレートヤーンを使いましょう

 

針を通すところ

 

f:id:amimono-seikatsu:20200418212452j:plain

▲これからすくいとじして、カーディガンの脇をはいでいくところです。

f:id:amimono-seikatsu:20200418212455j:plain

▲すくいとじでは、端の目と2番めの目の間の糸をすくいます

ココと書いてあるところです。横にわたっている糸がありますからその糸をすくいます。

メリヤス編みの場合は端の目がくるんと丸まっていることがあるので、しっかり開いて端の目を探しましょう。

f:id:amimono-seikatsu:20200418212458j:plain

▲青線が端から2目めです。①と②の間の横にわたっている糸を針ですくいます。

f:id:amimono-seikatsu:20200418212501j:plain

▲反対側もすくいます。こちらも青い線が端から2目めです。

f:id:amimono-seikatsu:20200418212504j:plain

▲糸を引くと、はしから2番目の目が隣同士になります。

f:id:amimono-seikatsu:20200418212506j:plain

▲裏から見ると、一番端の目が確認できます。

   

迷いがちなすくいとじ。
拾うところが分かると、目が1列に並びきれいにとじられます。

 

仕上げも大切です

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。