Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

編検ニュースが届きました。編検試験の日程が決定。研修会・講習会も開催予定です。

f:id:amimono-seikatsu:20210326195354j:plain

こんにちは、Knit BRANCHです。

今日は編検ニュースについて。NO.183号が届きましたので、内容を抜粋してお知らせします。私も毎年参加している研修会のこと、受検する方にはぜひ受けていただきたい講習会のことを中心にお伝えします。

(Knit BRANCHは日本編物検定協会の宮城県支部に所属しています。宮城県内の方で手引や過去問などの購入希望がありましたら、お問い合わせよりご連絡くださいね。)

 

 

検定試験について

日程:令和3年9月19日(日)(年に1回、全国一斉です。)

 

研修会について

研修会と講習会の違いとは

研修会と講習会の大きな違いは、すでに検定に合格した人がその資質を向上させるために参加する勉強会なのか、それともこれから受検する方が分からないところを勉強する会なのかというところにあります。

研修会は編物検定1級の合格者と審査委員の資格がある方などが技術のおさらいをし、またカラーやデザインなどその年のファッションの傾向を知り、それを編み物に生かしていくための知識を得る場となります。

もちろん別の団体で勉強した方や、実力は十分についてきているけれど、まだ受検途中という方も参加できます。が、あらかじめ編物検定で言うと3級程度の知識が身についていないとせっかくの受講料がもったいないということになってしまいます。

ただ、レースの内容は、全く経験がなくても楽しく受講できる内容になってるんですね。なので、棒針編みやかぎ針編みが一通り編めるという方にはついつい受講を進めてしまいます。

レースの内容がなぜやさしいのか?

実は編み物の検定試験は毛糸とレースに分かれています。そのため、毛糸で1級に合格していても、レースは未経験という場合もよくあるからです。

レースには様々な技法があります。今までやったことのない技法を1から学び、小さな小物に挑戦できるのはとても楽しいです。 

令和3年度の日程について(宮城)

宮城県(仙台市)の予定は、

令和3年7月10日(土)、11日(日)の2日間です。

時間は、

午前10時~午後4時

費用について

 2日間で9700円+教材費(必要に応じて)

令和3年度の内容について

f:id:amimono-seikatsu:20210326195350j:plain

ちょっと暗い写真になってしまいました(~_~;)  

テーマ①2021年「カラーハーモニーの基本と流行のファッション感覚を作る配色法」
テーマ②2021年製図と技法「編み地と技法を生かした素敵なニット」
テーマ③ヘアピン・レース「プルオーバーとバッグチャーム」

今年のレースはヘアピン・レースなんですね。最近では毛糸だまなどの編み物本にもヘアピン・レースの技法を使ったウェアなどが掲載されていて、ちょうどおさらいしたかったところです。うれしい(*´∀`)♪ 

 

講習会について

令和3年度の日程について(宮城)

 宮城県の講習会の予定は、

令和3年7月31日(日)

時間は、

10時半~15時(途中休憩があります)

講習会でできること(宮城)

講習会は、これから受検する方の勉強の場です。

(参考までに今までの講習会では)

午前は級ごとに分かれて知識部分の確認を行います。すでに試験の日に向けて参加される方の多くはすでに勉強を始めています。当然何かしら分からないところが出ていますから、その部分を中心にポイントを解説しています。

午後は実技の模擬試験です。なるべく初見の過去問を実際にその場で編んでみます。いつもと違うところで編むということは、緊張するものです。ですが、その経験は当日の不安の解消につながると思います。もちろん、編み方の間違いがないかや、よりきれいに仕上げる方法なども説明しています。

申し込み方法(宮城)

まずは日本編物検定協会のホームページにて日程の再確認をお願いします。

宮城県の研修会や講習会に参加希望の方、また興味のある方は、「お申込み・お問い合わせ - Knit BRANCHよりご連絡いただければ、より詳しくご説明いたします。

去年は研修会が中止となってしまいました。

ただ検定試験はありましたから、今年受検予定の方は少しずつ準備を始めてくださいね。

 

検定合格に向けてがんばろー 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。