Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

編物検定いかがでしたか?

 

f:id:amimono-seikatsu:20210922204556j:plain

こんにちは、KnitBRANCHです。

今年も9/19(9月の第3日曜日)に編物検定が行われました。

講習会がなくなってしまっても、研修会が延期になってしまっても、編物検定は毎年必ず開催されています。

受検された方いかがでしたか?

今年は難しかった?

それとも過去問と同じくらい?

 

ここでいきなり・・・

私が受検したときのこと

私が受検をしたのは3年前まで(だよね?)

一番緊張したのは毛糸の5級を受検したとき。

実はその前の年にレース検定の3級を先に受検したのですが、その時はあまり緊張しませんでした。

やはり基本からと思って5級を受けたのが、次の年。とにかく実技の時間が足りなかった(~_~;)  

たくさん編むわけではないけれど、1時間の間に棒針編みとかぎ針編み2種類編みました。

特に時間がかかるのは作り目からの1段目2段目あたり。作り目から拾うところは一つ一つ時間がかかるし、なんだ編まないと編み目も安定しない。

いや~終了時間が迫って焦りました。

 

それ以外にも受検している間にはいろいろ失敗がありました▼

  • 理論でどうしてもわからなくて2つの回答欄に同じ答えを書いたり(どちらかはあっているだろうと)
  • 製図のできあがり線を太く鉛筆でなぞろうとしたら、芯が抜けたり
  • 目数を間違えるとか
  • 色変えを忘れるとか
  • アフガン編みの部分を編み終え、まだかぎ針編みで縁編みしないといけないのに、残り5分とか

もうただ単に勉強不足・・・でもその時はそれが精一杯だったなぁ

毎年のように失敗はあったけれど、次の年になるとまた申し込みをして、編検の試験当日も徐々に楽しめるように。

級が上がってくると試験時間に余裕がないから、夢中で編んでいたのもよかったかも。

90分編んで20分休憩また90分編むって普段はなかなかしないよね。

 

そして現在

今はみんな頑張ってね~と送り出す側になりました。

検定を受けるために勉強した内容は「普段の編み物にも役に立っているよ」という声を多く聞きます。

来年もまた、さらに多くの方に挑戦してほしいな~(*´∀`)♪ 

 

 

受検された方、お疲れさまでした~

 

最後までご覧いただきありがとうございました。