Knit BRANCHの編み物ブログ

BRANCHは枝のこと。木が枝を伸ばしていくよう、編み物の楽しさが広がりますように…

 

ラグランスリーブのカーディガン 途中経過 その3

こんにちは、Knit BRANCHです。

編んでいるラグランスリーブのカーディガンの途中経過です。

2019/3追記
ラグランセーターのとじはぎの手順は、新しいページにまとめています。とじはぎの手順については、そちらのページを参考にしてください。

www.amimono-seikatsu.com

ガータ編みとすくいとじ

そで口のガータ編みとすくいとじ

まずは、そで口のつくり目をほどきガータ編みをしました。

本では、同じ号数の針で編むことになっていますが、私の編み癖でしょうか、いつもゆるくなってしまうので、細い針への変更が必要。編地が重くなってきているので、addiの輪針(3.75ミリ/5~6号相当・80㎝)を使っています。

そで口

f:id:amimono-seikatsu:20171218141657j:plain

そで下をはぐと、こんな感じ。あら~💦写真がぼんやりでした。

f:id:amimono-seikatsu:20171218142433j:plain

すそのガータ編みとすくいとじ 

すそのところは、先に脇をはぎ、続けてガータ編みをしました。

f:id:amimono-seikatsu:20171218141654j:plain
すそ全体、輪針で拾って一気にガータ編みをしていきます。

f:id:amimono-seikatsu:20171218142430j:plain

ガータ編みが終わり、アイロンで整えると

f:id:amimono-seikatsu:20171218150149j:plain

一気にカーディガンに近づいてきました。
あとは、ラグラン線をとじ、えりぐり、前立てへと進みます。

今回使用したaddiの輪針 

今回使ったaddiの輪針ですが、棒針の代わりによく使っています。

手で握る部分が長く、棒針感覚で使えて、針先が細すぎないので糸を割る心配も少ないです。

しかも、編地は中央の輪の部分にたまっていくので、腕にかかる負担が少ないです。

針のすべりやすさは、長所にも短所にもなっているかな?

長さもいろいろ販売されていますが、棒針の代用として使うには、80㎝がちょうどいいみたい。短かすぎると、手の動きが制限されてしまうようで…。

ちなみに、私は糸を左手にかけることがほとんど、右手にかけると、使い勝手もまた違うかもしれませんね。